芸術の技術は学校ではあまり教わらない

近年では義務教育や高等学校のカリキュラムで、美術や音楽の授業が削減されているという状況があります。そのため、学校では基本的なことや短い時間でできることしか教わらないのです。専門的な技術を学びたいのであれば、専門学校に行くのも一つの方法です。

クリエイター系の専門学校の種類

美容系

メイクアップアーティストや美容師、またはブライダル関係の仕事をしたいという人は美容系の専門学校が最適です。人の肌や髪を触る仕事なので、人体に関することも学びます。エステティシャンの学校もここに含まれます。

美術・デザイン系

本格的に美術の勉強をしたい人がデザインや彫刻を教えてくれるような学校に通います。そこでゲームのことを学ぶことができるカリキュラムも備えている学校もあります。高校では学べなかったことがたくさん学べます。

音楽系

大学受験を目指している人のために作られているカリキュラムが一番高度ではありますが、音楽系の教室では大人や子供向けのカリキュラムもたくさん組まれています。音楽業界に働くための、機材研究なども勉強することができるのです。

将来のためにとっておく

何か技術が身に付けば自信になりますし、独学ではなく専門学校にせっかく通うのであれば、資格は取得しておきたいものです。就職にも有利になることが多いので、授業で資格取得をサポートしてくれるところもあります。

ゲーム専門学校で取得可能な資格

  • 情報検定
  • ビジネス能力検定
  • 基本情報技術者試験
  • CGエンジニア検定
  • Javaプログラミング能力認定試験
  • ビジネス著作権検定
  • C言語プログラミング能力検定
  • 画像処理検定
  • CGクリエイター検定

ゲームの専門学校に通って業界への就職を目指す

ゲーム機

未来図の描き方

せっかくお金をかけて勉強するのですから、業界にプロとしてデビューしたいものです。漠然と就職について考えるよりは、具体的に検討したほうが将来の計画が立てやすくなるので、例えばゲーム専門学校に通うのであればどのような会社に就職することができるのかをチェックしておきましょう。

就職実績をチェック

ゲーム専門学校に通った後は、ゲームを制作する会社に就職する人が最も多いです。その中でも大手から小さな会社まであるので、卒業生の声も聞いて自分に合ったところを検討しましょう。他にも音楽や出版関係の企業への就職や、アニメ関連の会社も視野に入れることができるといわれています。

[PR]
ゲーム作りが学べる高校!
カリキュラムを公開中

専門学校の検討で考えたいアレコレ

オープンスクールってどんな形式なのでしょうか

同じ専門学校でも、開催する時期によって形式が違うことがあります。スクール形式であったり、カリキュラムのオリエンテーションであったり様々なのです。一対一で面談をする形式のところもあり、丁寧な説明を受けられます。

どんな人でも入学できますか?

専門学校に入学するのに特別な資格は必要ありませんが、入学試験に受かる必要があります。年齢制限は原則18歳以上の人に限られており、高校卒業の資格も必要ないことが多いです。高校卒業の資格取得も在学中に受けられる学校もあります。

お金のことが心配なのですが…

学費は一括でも払うことができますが、学校によって分割納入を受け付けているところもあります。学校では他にも教育ローンの紹介もしているので、もし入学希望者が成人しているなら自分で借りる手続きをすることも可能です。

どんな学校だと人脈が作りやすいのでしょうか

同じ目的をもった人が集まる学校は、積極的にコミュニケーションをとればどこででも人脈づくりはできるといえます。あえていえば、学校内でイベントやチーム合同製作が行なわれるところだと交際範囲も広がりやすいといえます。

[PR]
ゲームの専門学校に通いたい
イベント案内情報を参考にしておこう

[PR]
東京でギター教室を探そう☆
新しい趣味を作ろう